デジタルサイネージの配信方法は大きく3種類存在する

デジタルサイネージを情報の配信方法で分類すると、スタンドアロン型、ネットワーク型、インタラクティブ型の3種類に大別することができます。


スタンドアロン型は、デジタルサイネージが普及され始めた頃から存在する形態で、SDカードやUSBメモリなどからコンテンツをデジタルサイネージの内部に格納して再生します。

コンテンツを更新する度に端末のある場所まで行かなければない点は不便ですが、仕組み自体は非常にシンプルであるため、コンテンツの更新頻度が高くない一般的な施設での利用に向いています。ネットワーク型は、スタンドアロン型を発展させた形態で、ネットワーク上から専用のアプリケーションを用いてコンテンツの更新ができるようになっています。

マイナビニュース情報を探しましょう。

機能が増えるため導入コストはスタンドアロン型より高くなり、ネットワークを利用することによるコンテンツの更新に失敗するリスクや情報漏洩のリスクなどがありますが、複数のデジタルサイネージ端末を同時に運用している施設や、遠隔地に端末を設置している場合、コンテンツの更新を頻繁に行う場合などに向いています。

デジタルサイネージ情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

インタラクティブ型は、モーションセンサーやタッチパネルの仕組みを端末に取り入れて、利用者ごとに表示するコンテンツを変化させられるようにしたものを指します。

導入コストはネットワーク型よりさらに大きくなりますが、スタンドアロン型やネットワーク型のように勝手にコンテンツが更新されるわけではないため、多くの人に端末を利用してもらえやすいのがメリットとなっており、観光施設や公共交通機関の施設での導入に向いています。



デジタルについて情報

デジタルサイネージは、通信ネットワークを使用して画像や映像を電子的な表示機器に映す電子看板です。ディスプレイおよびネットワークの進化、発展に伴い急速に普及しています。...

more

いまどきのデジタル

デジタルサイネージは電子広告や電子看板と言った意味が在る新しい広告の発信手段です。一般的に広告を行う場合には、壁などにポスターを貼り付けて宣伝をする事になりますが、ポスターに表示されている内容と言うのはそのままの状態では変化することはありません。...

more

デジタルの特徴紹介

デジタルサイネージとは耳慣れない言葉ですが、ひとことで表現するならば、デジタルディスプレイを利用した広告全般のことです。10年程前のSF映画には、街角のポスターに描かれた人物が、その前を通りかかった人物に語りかけてくるといったシーンがありましたが、あれこそまさに、現代のデジタルサイネージの元になるアイデアだったといえるでしょう。...

more

デジタルの情報まとめ

情報提供といっても目的によってさまざまです。販売促進を目的とした広告、行き先を示す案内図、緊急情報などを伝えるお知らせなどが考えられます。...

more
top